東京23区を対象に給排水管の無料内視鏡調査実施中   詳細はこちら

お風呂の水垢(スケール・カルキ)に要注意

配管保全センター㈱代表取締役 藤田崇大

お風呂の浴槽は、放っておくとすぐにザラザラになりますが、主成分は炭酸カルシウムで俗に言う水垢、カルキ、スケールと言われるものが付着しています。

浴槽や排水口を一生懸命、掃除されていると思いますが、カルキは排水口の先の排水管にも付着していきます。排水管は微妙なバランスの勾配で、竪管まで流れていきますが、排水管が長すぎて十分な勾配がとられていなかったり、ひどい時には逆勾配になっていたりします。勾配に関わらず排水管内では、水垢と髪の毛や皮脂などがからまり固着化・閉塞化されていき、配管のつまり・水あふれの原因になっていきます。

浴槽の水垢(スケール)に対しては酸性の洗剤を使って掃除をしていますが、浴槽から流す酸性剤だけでは長い排水管の水垢の付着を防ぐことは困難です。またあまりに強い酸性剤を日ごろ利用していると、配管を傷めてしまうことになり別の原因で漏水を引き起こしてしまうリスクが高まります。

また、高圧洗浄だけでは、硬く石のように固まった水垢(スケール)を洗い流すことは難しく、水の硬度が高い地域や、排水管の勾配が十分でない構造の居住区では配管のつまり・水あふれのリスクがさらに高まります。

水垢(スケール)で閉塞した配管

エルセは水垢(スケール)対策で多くの飲食店で活用されています

水垢(スケール)に対してエルセがどの程度、効果を発揮できるのか二つの検証結果をご紹介します。

飲食店の厨房で使われているスチームコンベクションオーブンは庫内で水を蒸発させて料理する装置で、浴槽の水垢(スケール)の出来やすさよりもはるかに水垢(スケール)が庫内の熱源や配管内に固着しやすく放置しておくと装置自体が故障してしまいます。

通常はスケールを防止するために軟水器を用いますが、大手メーカーと共同で、軟水器のみを利用した場合とエルセのみを利用した場合とでスケールの付着度合いの比較実験を行いました。結果としては、エルセでは下の写真のようにほとんどスケールが付着しない結果となりました。

⇓ クリックして拡大


この実験結果が評価され、多くの飲食系のフランチャイズ店等でエルセが設置されています。

また、官公庁のトイレでの尿石(水垢(スケール)とほぼ同じ炭酸カルシウム成分)による配管の閉塞を、エルセ水により改善する検証を行い、薬剤を一切使わずに閉塞を改善した結果となりました。

⇓ クリックして拡大

官公庁のトイレの排水管の尿石の剥離検証

この実験結果が評価され、多くの官公庁、ビル、ホテル、学校といった施設にも導入されています。

 

築浅のマンションでは、ほとんどの配管は錆びない材質ですが、排水管に関しては水垢(スケール)が髪の毛や皮脂とからまり、つまり・水あふれの原因となりますので、エルセを設置して給水管だけでなく排水管も保全することをお勧めします。給水管・排水管の保全装置エルセはこちら