勉強部屋

減圧弁の交換 費用はいくら?

2022年7月9日
この記事のカテゴリー : 給排水設備の更新 いくらかかるか

前回の投稿記事「給湯管漏水事故多発 減圧弁が原因かも⁉」で、減圧弁をきちんと設置・取替えることにより給湯管からの漏水事故のリスクを抑えることができる可能性があるとお話しました。

今回の投稿記事では、実際に減圧弁を設置・取替えるのに費用はいくらかかるのかをお話しますので、是非、最後までご覧ください。

《減圧弁の交換》 作業時間・断水範囲・費用目安

減圧弁を交換すると言っても、いくつかのケースがあります。

ちなみに、減圧弁というのは、専有部内の給水・給湯管の水圧を一定に保ってくれるもので、画像①に黄色い点線で示したように水道メーターの手前についています。通常は、下の画像のように、発砲スチロールで保温されています。

画像①

今回は、主な3つのケースで減圧弁を設置・交換するのに必要な作業時間、断水範囲、費用目安を表にまとめましたので、詳しく見ていきたいと思います。

今回は水道メーターの口径が20Aで複数世帯という条件です。対象となる世帯数や、パイプスペース内の作業スペースの広さ、作業員の熟練度等により費用目安は増減しますので、あくまで目安ということでご理解ください。

Ⅰ. メーターユニット設置

最初のⅠ.のケースは、減圧弁がもともと設置されていないケースです。この場合、新たに減圧弁を設置する必要があります。

画像②は、減圧弁がついていない水道メーターまわりの画像です。

どちらも水道メーターの手前に減圧弁がついていません。

画像②

  減圧弁を新たに設置する場合、減圧弁だけを設置するのではなく、画像③の左上のように減圧弁も含まれているメーターユニットを設置するケースがほとんどといえます。

画像③

メーターユニットというのは、画像③の水色枠で示したもので、減圧弁の他に止水弁や逆止弁が一体となったユニットで、これに水道メーターをセットします。

なお、メーターユニットを設置する際には、イラスト①で示した止水弁も取替えることになります。

止水弁を取り外す前には、各系統の立管についている系統バルブを閉めて、水があふれ出ないようにしてから作業をする必要があります。系統バルブを閉めるので、該当する立管の全ての世帯は世帯数にもよりますが、基本的には数時間から終日の断水となります。

イラスト①

系統バルブが経年劣化で、完全に閉められない場合には、全戸断水となります。

各世帯でのメーターユニットの設置作業は約1時間程度で、費用としては5万円前後となりますが、様々な条件で費用は大きく変わります。

以前、「メーターユニット化はいくらかかる?」という投稿記事をアップしていますので、詳細については、そちらの投稿記事をご覧ください。

動画を作成した約2年前から、部材の値上げもあり、費用的には動画撮影当時よりは高めになるかとは思いますが。

Ⅱ. 減圧弁交換

次のケースは、既にメーターユニット化された減圧弁のみを交換する場合です。

減圧弁はメーカーとしては、8年~10年程度で交換することを推奨しています。

イラスト②の黄色の枠で囲んだ部分が減圧弁で、ここを交換します。

メーターユニット化されている減圧弁を交換する場合は、止水弁を閉めて作業ができるので、断水範囲は対象の世帯のみとなります。作業時間は15分程度で、費用は2万円前後となります。

なお、マンションの竣工当時から減圧弁がついていて、その減圧弁を交換する場合は、ついでにメーターユニット化するケースがほとんどといえます。その場合はさきほどの、メーターユニット設置のケースになります。

イラスト②

Ⅲ. 減圧弁カートリッジ交換

最後のケースは、イラスト③の減圧弁の減圧弁カートリッジと言われる部分のみを交換する場合です。

減圧弁メーカーによっては、減圧弁全体を交換するのではなく、イラスト③の黄色枠で示した減圧弁カートリッジといわれる部分のみを脱着するタイプの減圧弁があります。

この場合、断水範囲は該当する世帯のみで、作業時間は作業の準備や各部屋への移動時間等含めて5分程度で済み、費用目安は1.5万円程度となります。

イラスト③

減圧弁を新たに設置したい、もしくは交換したいと思っても、今回のどのケースにあてはまるのか、管理組合さんや賃貸オーナーさんはわからないと思います。

配管保全センターに、パイプスペース内の写真を送っていただければ、費用目安をお伝えできますので、ご興味のある方は、ホームページのお問合せメールやお電話にてお気軽にご連絡ください。

なお、分譲マンションの場合、減圧弁の設置や交換は、基本的には共用部扱いとして管理組合が修繕積立金を使って実施するものです。お問合せいただく場合は、管理組合の理事長さんや理事さん、修繕委員の方からご連絡いただけますようお願いします。

関連キーワード

キーワードから関連記事をご覧になれます。

関連記事

勉強部屋動画記事一覧をみる