東京23区を対象に給排水管の無料内視鏡調査実施中   詳細はこちら

費用比較

2019年10月19日

専有部の給排水管を保全する一般的な工法とエルセ工法との費用目安の比較

 

専有部の給排水管と排水管をどちらも施工した場合の費用目安

配管取替
(更新工事)
※1
ライニング
更生工事
※2
エルセ工法
※3
戸あたり費用目安 53万円

145万円
30万円

50万円
6万円

16万円

 

※1:国交省「マンション専有部分等の配管類更新による 再生事例調査報告書」を参考に掲載
出展:国交省の資料(8ページに掲載)をもとに弊社にて編集

同時工事項目 専有 共用 戸あたり工事費

最小~最大

平均額
雑排水管+汚水管 2 2 46.2~59.4万円 52.8万円
給水管+給湯管 7 4 49~90万円 64.6万円
給水管+雑排水管 2 2 36.8~70万円 53.4万円
給水管+給湯管+雑排水管 8 7 35.7~174万円 111万円
給水管+雑排水管+汚水管 1 1 70万円
給水管+給湯管+雑排水管+汚水管 2 2 116~174万円 145万円
給水管+給湯管+雑排水管+汚水管+ガス管 2 2 122.5~154万円 138.3万円

・専有、共用欄の数字は取替工事を実施した管理組合数

複数種類の配管を取替える場合の平均額は50万円を超え、専有部の給水管・排水管の全てを取替える場合の平均額は145万円で、かなりの高額な費用を必要としています。

なお、専有部の給水管・排水管がコンクリートの中に埋められていたり、浴室がコンクリート造りの旧モデルであったりすると、コンクリートをはつったり防水もやりかえる必要がありさらに費用は高額となります。
また、階下の天井に給排水管が配管されている場合は、階下の協力が必要となります。
・露出配管にするにしても耐震の関係等で壁に穴をあけられない
・内装の品質が高いため仕上げ費用が高額
・共用部の竪管の数
・水回りの設備がまとまって配置されているか離れた位置に配置されているか
等によっても必要な費用は異なってきます。

 

※2:弊社調べ。給水管・排水管のどちらか一方のみを行った場合、戸あたり15万円~25万円が相場となっており、今回の比較は給水管・排水管の両方を行う前提により、2倍の金額を掲載

 

※3:ワンルームかファミリータイプか、受水槽の有無等により変動します。本体価格にプラスして設置工事費が必要となります。設置工事費も世帯規模によって大きくことなりますが、目安としては本体価格の10%~25%の金額となります。