エルセ設置後、 20年経過の築40年物件を内視鏡調査しました

漏水事故は現時点ではありません

エルセを設置して20年経過した築40年のマンションの配管状況を内視鏡にて調査しました。
なお、このマンションでは、現時点では漏水事故は発生しておりません。

このマンションを見学されたい場合は、お気軽にお問合せください。お問い合わせはこちら

調査日:2020年2月

調査箇所(内視鏡挿入箇所)

301号室

給水管:水道メーター廻り1・2次側・洗濯機
排水管:台所

304号室

給水管:水道メーター廻り1・2次側・洗濯機
給湯管:浴室
排水管:台所

調査機器

給水管用 メーカー名:オリンパス光学工業、型名:IV0620C
排水管用 メーカー名:オリンパス光学工業、型名:IV8635U

考察

給水管

 築40年のマンションの場合、基本的には配管の交換時期を過ぎていると言われています。特に金属が異なる配管同士の継手(異種金属接合部)は錆びコブが大きくなり配管の閉塞率が90%を超していても珍しくはないと言えます。

 同種の金属の継手部(接合部)でも配管の閉塞率は30%~40%でも珍しくはありません。

 エルセを設置した築20年の際に、どこまで閉塞が進んでいたかはわかりませんが、それなりの閉塞状態であったと推測されます。今回の調査では、異種金属接合部でもそれほど閉塞は見られず、配管表面への水垢やサビの付着も、他の築40年の物件と比較して良好な状態であったと言えます。

給湯管

 給湯管内には、スケール(炭酸カルシウム)が固着して配管が閉塞しお湯の流量が減ることがありますが、給湯管の配管内は特に良好な状態でした。

排水管

 排水管に関しては、高圧洗浄を最近実施されたということで、汚れ度合いという意味ではあまり参考にはなりませんが、築40年を経過すると、排水管内で油等が固着して詰まりを起こす原因になりがちですが、今回調査した箇所においては目立った固着は見られませんでした。

築40年のマンションでは数件、水漏れ事故が起きていても不思議ではないですが、今のところ当マンションでは水漏れ事故もないとお聞きしております。おおむね、エルセによる効果を出せているものといえると考えます。

今回の調査では報告の信頼性を上げるために、動画にても配管内を撮影したものを管理組合さんにはご提示しました。添付した動画でその内容もご覧いただけます。


エルセ設置後、20年経過の築40年物件を内視鏡調査しました
13分35秒

他物件との比較 水道メーター廻り二次側 異種金属接合部

他物件

当マンション

エルセ導入時の築20年の状態はわかりませんが、他物件と比較してもサンプル表示した築26年の物件の閉塞率よりも当マンションの配管の閉塞率は下回っています。

他物件との比較 洗面台・洗濯機 異種金属接合部

他物件

当マンション
エルセ導入時の築20年の状態はわかりませんが、当マンションの配管は、ほとんど閉塞しておりません。

他物件との比較 継手部

他物件

当マンション
エルセ導入時の築20年の状態はわかりませんが、当マンションの配管は、ほとんど閉塞しておりません。

他物件との比較 給湯管

他物件
リフォーム後20年経過した状態です。スケール(炭酸カルシウム)が表面を厚く覆っています。筋のように見えるのは内視鏡のコードの擦れたためです。コードによる擦れる前は地肌が見える状態ではありませんでした。

当マンション
他物件の倍以上の年数を経ていますが、スケールは薄く付着しているだけで地肌もまだ見える状態です。

他物件との比較 排水管

他物件

状況によっては、高圧洗浄でも洗い落とせないほど固着して、詰まりの原因となっています。

当マンション
汚物が付着しても柔らかい状態で固着はしていません。