オゾン除菌装置のご案内  NHKおはよう日本でも紹介されました

マンション内の除菌対策に

共有スペースや住居内もオゾン除菌で安心を
コロナウイルスによる感染拡大と自粛が長期化するなか、マンション内のエントランスやエレベーターなどの共用スペース、住居内の除菌対策として、官公庁等に多数、納入実績のある株式会社タムラテコ社のオゾン除菌装置をご案内させていただきます。出荷可能な数量に限りがありますので、お早めにお問合せください。

参考:タムラテコ社の産学連携情報

感染症対応病院 老健施設や保育所でも採用

マンションに設置するオゾン除菌装置の上位機種は救急車にも設置
コロナ感染症対策として、感染症対応病院でも採用されています。また、総務省消防庁で性能が認められ、救急車に設置(上位機種実績)されているほか、防衛省、医療施設、老健施設、保育所にも多数導入されています。

クルーズ船患者受け入れ病院の 除染にも

売り切れ機種が出るほどの問い合わせ数に
先般のクルーズ船の患者を受け入れた病院でも、今回ご案内する除菌装置の業務用機種が除染処理に使われました。この2週間ほどで、上部写真(左端)の機種だけで12万台を超える受注台数となっておりますことから、売り切れ機種が出ること、また発送までのお時間をいただきますことを予めご了承くださいませ。

UV-C と OZONE のダブルで消臭&除菌

 

小型で強力なオゾン・紫外線ランプ搭載
Lyon3.0は、除菌効果が最も高いUV-C 253.7nmの紫外線と、184.9nmのオゾンが一つのランプで同時発生します。このランプから出る光に触れた、細菌やウィルス、カビの細胞膜を分解し、根強い悪臭成分も元から強力に酸化分解することにより消臭します。

 

 

強力ファンで効果的な内部エアフロー

強力なファンがお部屋の空気を吸い寄せ、内部をエアフロー
また、Lyon3.0は、強力なファンがお部屋の空気を吸い寄せ、内部をエアフロー。UVC-OZONEランプ内を通すことで、除菌と消臭二つの効果を最大限に発揮。 6畳なら約5分、16畳の広い部屋でも約15分でお部屋の空気を綺麗にします。

 

 

 

マンション内での除菌装置設置イメージ

部屋ごとにオゾン除菌装置を設置
マンションの1階の共有スペースと専有部の住戸内にオゾン除菌装置を設置すると以下のようなイメージになります。

共用部:集会室やエレベーター等、三密になりがちな場所に設置することで、机、椅子、壁、床等に付着した細菌や空中を浮遊する細菌の除菌効果を期待できます。

専有部:各部屋、トイレ、クローゼット等の壁、床、家財道具等に付着した細菌や空中を浮遊する細菌の除菌効果を期待できます。

 

各装置を適切な場所においておけば、オゾン濃度は適切に管理されます。
夜間だれもいない部屋は強モードで、日中の人がいる部屋では弱モードで運転するといった操作が可能です。

新型インフルエンザに対する試験結果

オゾンガス0.1ppm暴露で99.7%のウイルスを不活性化
北里環境化学センターにおける実験により、オゾンガス0.1ppmを2時間以上暴露することで、99.0%以上のウイルスの不活性化を、また、3時間以上では99.7%のウイルスの不活性化を確認することができました。

人型結核菌 H37RVとBCG Tokyo株に対するオゾン殺菌テスト

試験機関:公益財団法人 結核予防結核研究所

3分以上オゾンを噴霧した場合、オゾン噴霧時間の延長に伴う「相対的な殺菌効果」すなわち、「菌数減少効果」が認められた。

(オゾン噴出濃度:0.3ppm 0.3ppm×3分 CT値0.9以上にて人型結核菌H37RV株の殺菌効果が認められる。)

試験結果はこちらをクリックしてご覧ください