流動式セラミックス方式

賃貸オーナー様にお伝えしたい事

2019年7月27日
この記事のカテゴリー : 流動式セラミックス方式

著者:配管保全センター㈱ 代表取締役 藤田崇大

あなたのマンションは築何年ですか? 築25年以上の分譲マンションの20% 以上が水漏れの問題を 抱えています。

>>>マンションの給水管・排水管を取り巻く現状

 

現状回復のためには 世帯当たり数十万円の費用が必要です 漏水事故を回避するための 給排水管の保全は行っていますか?

>>>配管保全のための一般的な工法

利回りが下がるので、このまま放っておきますか? なぜ配管の取替費用は保険適用が難しいの?

>>>保険適用外となる漏水事故事情

ふるくなれば配管からの漏水事故を気にする方が増えて 売却しづらいのが現状です 配管保全の 問題解決したうえで利回りアップのご提案

>>>専有部の配管保全費用の自己負担を軽減するエルセとは

水処理装置「エルセ」をマンションの受水槽の根元に1台設置すれば 給水管・排水管を従来費用の数分の1で保全 保全方法の長期的なコスト比較 エルセで配管を保全すれば売却もスムーズに マンションにエルセを設置した効果事例

>>>エルセ設置後の検証データ

「エルセ」はリースも利用できます

 

NOI利回りを維持し、売却時にも売りやすくなる「エルセ」の設置とエルセ保険への加入にご興味ございましたら、こちらにお問い合わせください。

「エルセ」で扱えるリース内容:

対応地域1都3県
リース期間8年(96か月)
リース期間満了時の扱い引き渡し料として1か月支払えば権利譲渡
リース料率1.32%
リースに含まれる範囲「エルセ」本体購入費用および設置工事費用
月々のリース料例 ファミリー20世帯であれば、月々4万円弱(交換工事の場合、一括で2千万円程度になる場合も)
リース会社神奈川トヨタ商事株式会社

関連タグ:

関連記事